【ローマ字の教え方と覚え方】子供は読めないと書けない|簡単ロードマップ

  • ローマ字の覚え方ってある?
  • 効率の良い教え方が知りたい

現在小3の長男は、2年生の時にローマ字を覚えました。

パソコンで文字入力をする必要があったからです。

マイクラのガチャ看板ですけど。(笑)

学習して3カ月で、ローマ字をほぼマスター。

その後タイピングを練習し、文字入力までできるようになっています。

いろいろ試しましたが、ローマ字の五十音練習はあまり効果なしでした。

そもそも、ローマ字を読めないと書けないからです。

現在、ローマ字やタイピングに苦労している社会人が増えたそうで、、、
スマホ普及の影響ですね。

タイピングにローマ字学習は必須です。

この記事では、失敗を生かしたローマ字の覚え方ロードマップを紹介します。

この記事で分かること
  • ローマ字を覚えるための効率の良い教え方が分かる
  • おすすめのドリルが分かる
  • ほとんどお金はかかりません
目次

子供にローマ字を教えようとした理由

子供にローマ字を教えようとした理由

タイピングの練習をさせたかったからです。

そして、来年3年生でやるアルファベットとローマ字の予習になると思ったからです。

ローマ字を覚えるということは、アルファベットも覚えることになります。

アルファベットやローマ字が覚えられると、できることが増えます。

アルファベットとローマ字を覚えるとできること

  • タイピングの練習が始められる
  • プログラミングを始められる
  • 英単語の学習が始められる

大人にとってはあたりまえのアルファベットですが、知らない子供には未知の記号です。

しかし、日本語に比べれば文字数も少なく、書き順もさほど気にしなくてよいので、短時間習得できます。

【失敗談】ローマ字が読めないとローマ字が書けない

【失敗談】ローマ字が読めないとローマ字が書けない

長男のローマ字学習の失敗は、ローマ字の五十音練習です。

日本語と同じように、五十音を書けるようになれば、、、と練習させていました。

ひたすらノートに、アルファベットで五十音を書いていた息子、、、

1カ月続け、そろそろ読めるようになっているはずと、言葉をローマ字で書く問題をだしたところ、

できませんでした。

ローマ字を読む問題すら、できない!

五十音をひたすらやっても、単純作業になっていただけで、覚えないのです。

アルファベットの練習になっただけでした。

五十音練習は即やめて、私がローマ字で書いた簡単な単語を読む練習に切り替えました。

ローマ字が読めないと、ローマ字も書けません。

本人の好きそうな言葉をローマ字で書き、その読み方を書く練習にかえたところ、サクッと覚えるようになりました。

マイクラとかマリオとか、、、(笑)

ローマ字の型式・書き順は気にしすぎない

ローマ字はヘボン式と訓令式があります。

スクロールできます
日本語ヘボン式
(高学年習う)
訓令式
(低学年で習う)
SHISI
CHITI
TSUTU
しゃSHASYA
じゃJAZYA
ヘボン式と訓令式で表記の違うもの

低学年(3年生)は訓令式で習います。
そして5年生になって、ヘボン式を教わります。

表を見ていただくと分かりますが、訓令式の方が実際のタイピングに近いですね。
「じゃ」だけはヘボン式での「JA」で入力する方も多いでしょう。

5年生になったらヘボン式を学ぶので、とりあえず低学年向けのドリルに従って覚えるのでOK。

アルファベットですが、書き順を気にしすぎる必要はありません。

「b」と「d」は似ているので、書き順を覚えた方が便利ですが、他は適当でよし。

将来この書き順が、受験のテストに出るようなことはありませんから。

大事なのは、読めるようにして、書けるようにすることです。

子供のローマ字の覚え方ロードマップ

子供のローマ字の覚え方ロードマップ

準備するもの
・ノート(アルファベット用じゃなくて良いです。)
・ドリル

まずはアルファベット

アルファベットはドリルを使うのが便利です。

ドリルと同時進行で、ノートにアルファベットの練習をしましょう。

ドリルは英語の学習が入っているものより、アルファベットとローマ字のみのものがおすすめ。
欲張ると英語とごちゃごちゃになります。

記事後半でおすすめドリルを紹介するので、参考にしてください。

そしてローマ字

  1. ローマ字のドリルをやる
  2. ノートにローマ字で五十音を書いてみる(濁音はなし)
  3. ノートに「ローマ字読み」の問題を作る
  4. ドリルを最後までやる
  5. ノートに「ローマ字で書く」問題を作る

1. ドリルを進めよう

ドリルの後半は、「だ」「ぱ」「しゃ」「っ」などの濁点。
自己練習しないままここまで突き進むと、行き詰ります。

長男

長男「突然難しくなって、嫌になったよ。」

基本の五十音まで行ったら、いったんドリルは置いておきましょう。

2. 五十音をノートに書いてみよう

自分でノートに五十音を書かせてみましょう。
ドリルで振り返りながらでもOKです。

アルファベット50音

2~3回やれば十分でしょう。

これをやっておくと、今後ノートに作った問題に答えられなかったとき、振り返ることができます。

3. ノートにローマ字の読み方の問題を作ろう

子供が好きなキャラクターなんかがおすすめ。

息子の場合、マインクラフトやマリオ、YouTuberの名前、鬼滅の登場人物などです。

ローマ読み方

文章も楽しいです。

「きょうのごはんははんばーぐ」等も盛り上がります。

まだ覚えていない濁点を問題に出す場合、下にヒントを書いてあげれば一緒に覚えてくれます。

4. 残りのドリルもやってしまいましょう

ローマ字の基本の五十音が読めると、濁点等も理解しやすくなります。

5. ノートにローマ字を書く問題を作ろう

ローマ字書き方

かんたんで、本人が楽しく書ける言葉や文章にするのがコツ。

ドリルや問題は、必ず丸付けしてあげてください。

ローマ字で親と交換日記

ここまでくれば、だいたいローマ字が覚えられていると思います。

ここから問題を、交換日記に変えてみて下さい。

すらすら読んだり書いたりできる練習になります。

まだ練習用のノートのページが余っていると思うので、その続きが良いです。

分からない時、自分で振り返ることができます。

おすすめドリル3選

すみっこぐらし学習ドリル小学英語はじめてのABCローマ字

【amazon口コミ】
なぞりやすい&書きやすいようです。
すみっこのキャラクターがところどころにいてくれるので楽しくて嬉しいみたいです。
書き順は色分けされていて分かりやすいですね。
アルファベットの塗り絵げーむでは仕上がるとすみっこのキャラクターになるので、達成感が倍増するのではないでしょうか?
またすみっこのキャラクターをローマ字で書くところも。
最後まで楽しんでやってくれそうです。

小学生のアルファベットとローマ字 (毎日のドリル)

【amazon口コミ】
CDでしっかり音声を確認しながらアルファベットとローマ字を学べるドリルです。
ただアルファベットとローマ字を読んだり書いたりするだけではなく、それらをつなげる迷路ゲームなどもできるので頭をほぐしながら楽しくアルファベットとローマ字を覚えられます。
また、このドリルにあるローマ字表はコンピュータでのローマ字入力の解説もしているので子供たちだけでなくスマホやPCのアプリなどでのローマ字入力にお悩みの大人にも嬉しい表だと思います。

アルファベットとローマ字のまき(ドラゴンドリル)

長男

オレが選んだドリル。

男子の中で人気のドリルらしく、、、
本人が選びました。

アルファベットの書き順はさらっとですが、たくさん練習できる内容になっています。

アルファベットとローマ字のまき(ドラゴンドリル)アルファベット
ドラゴンドリル アルファベット練習


1ページ(表裏)が終わると、シールを貼ってドラゴンの絵を完成させていきます。

アルファベットとローマ字のまき(ドラゴンドリル)シール
ドラゴンドリル キラシール

後半はローマ字の練習です。
やりごたえのあり問題も用意されていて、割とおすすめです。

アルファベットとローマ字のまき(ドラゴンドリル)ローマ字問題
ドラゴンドリル ローマ字の問題

ローマ字を覚えて良かったこと

ローマ字を覚えて良かったこと

ローマ字を覚えてから、タイピングの練習がだいぶ進みました。

そして、アルファベットとローマ字の勉強は、もう終わり!
3年生になった今、ローマ字の宿題は、楽勝らしい。(笑)

先日、ローマ字読みが、英語学習の弊害になるという記事を見かけました。

正直、全く関係ありません。

現在Z会の英語受講中ですが、英語とローマ字がごちゃごちゃになるワケがない。

英語を、ローマ字読みすることはありません。

私自身も、英語は英語、ローマ字は日本語のような認識でいます。

本気で英語学習の邪魔になると考えて、ローマ字をやらないとなると、その弊害の方が大きすぎです。

日本語のタイピングに困ることになるから。

今回は、我が家のローマ字の教え方と覚え方を紹介しました。

参考になればうれしいです。

タイピング練習も記事にしていますので、よろしければご覧ください。

広告

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる