子供タイピング練習「週2回無料ソフトでコツコツ」3カ月続けた結果

子供のタイピング練習週2回無料ソフトでコツコツ3カ月続けた結果

昨年9月から子供にタイピング練習をさせはじめました。

子供は現在小学校2年生です。

週2回の練習を3カ月続けたところ、キーワードを検索窓へローマ字で入力できるようにまでなりました。

先日学校の授業で、コンピュータ室に入りタイピングをする授業があったらしく、ドヤ顔でタイピングできたらしいです。

しかし、はじめは手こずりました。
なぜならアルファベットを覚えるところから始めなければならないからです。

今回は我が家の経験を基に、子供のタイピング練習のロードマップを作成してみました。
おすすめの無料ソフトも紹介します。

子供のタイピング練習を考えている方の参考になるとうれしいです。

こんなことが分かる記事です
  • 子供にタイピング練習をさせるメリット
  • 9歳までにタイピング習得をすすめる教育者とその書籍
  • タイピング練習を続けさせるコツ
  • タイピングが習得できるまでの3つのステップ
  • 指のポジションから学べる無料ソフト
目次

子供にタイピング練習をさせている理由

子供にタイピング練習をさせている理由
  • ブラインドタッチ(タッチタイピング)は現代の必須スキルだから
  • タイピングができないと、プログラミングが学べないから
  • 有名な育児本「子どもの能力は9歳までに決まる」でもタイピングが勧められていたから

私は学生の頃に、タッチタイピングを正しくマスターしたおかげで、仕事でもプライベートでもPC操作に苦労を感じたことがありません。
ブラインドタッチができるかどうかは、かなり仕事効率に差が出ます。

しかも一度覚えてしまえば、数年やらなくても体が覚えるので、一生の財産になります。

現在プログラミング学習の必要性が教育者の中で議論され、数々のスクールやワークショップが大人気です。
しかし、プログラミング学習を進めるには、まず入力ができることが必要です。

ブラインドタッチまでできなくても、ある程度キーの位置を理解していないと、プログラミングの学習に追いつけません。

パソコンに慣れることにもつながるので、私は子供にタイピング練習をさせ始めることにしました。

「子どもの能力は9歳までに決まる」

脳には発達の臨界期があるということについて書かれた本です。
この本の著者である大久保博之さんは、脳の発達に逆らわない教育を実践するため、実際に私立の幼小一貫校を立ち上げた方です。

いち早く脳科学の視点を取り入れた教育スタイルを行い、生徒の偏差値が上昇だけでなく、パソコン入力コンクール日本一、漢字能力検定最優秀団体賞、NHK全国音楽コンクール入賞など、数々の実績をあげられています。

こちらの本は、9歳までの脳の臨界期について、教育者の立場、親としての立場として書かれています。
大変興味深い内容なので、気になる方は読んでみてください。

子どものタイピング練習についても紹介されています。

スキルとしてだけではなく、脳の発達に是非チャレンジしてほいしという内容が書かれており、自宅のパソコンですぐできることなので、我が家も早くからやらせてみようということになりました。

【子供のタイピング練習】続けさせる方法3つ

子供にタイピング練習を続けさせる方法3つ
  • ゲーム感覚で覚えられるソフトを使う
  • 無理のないペースでやる(我が家は週2回土日のみ)
  • タイピングができるようになった未来を想像させる

我が家はゲーム感覚で進められる無料ソフトを使ってしています。
(記事後半で紹介ています。)

また診断結果がでるので、少しずつできるようになったことが実感できるので、モチベーションがあがります。

ウチの長男の場合、タイピングができるようになったら、マインクラフトでできることが増えるので、それがモチベーションになっています。

【子供のタイピング練習】ロードマップ(低学年向け)

子供のタイピング練習ロードマップ(低学年向け)

子供のタイピング練習は、「小学校3年生から」をすすめている記事が多いのですが、それはローマ字を習うのが3年生だからという理由のようです。

アルファベットとローマ字は日本語より簡単なので、教えればあっという間に覚えます。

タイピングはゲーム感覚でどんどん上手になるので、できれば早めにやらせてみたいですよね。

我が家の場合、平日は学校の宿題や習い事もあるので、土日にやらせてあげています。

今回は低学年からできるタイピング習得までの3ステップを紹介します。

1. アルファベットとローマ字の練習

タイピングは最初からローマ字で覚えたほうが良いです。
かな入力は将来使いませんし、タイピングゲームのソフトもローマ字です。

よってまずアルファベットを覚える必要があります。

できればローマ字までやってしまった方がよいですが、アルファベットが覚えらえたらもうタイピング練習はできます。

まずはアルファベットを覚えてからタイピング練習をしてみましょう。

ローマ字はタイピング練習と並行して進めれば問題ありません。

アルファベットとローマ字の覚え方については、別記事で紹介していますので、参考にしてください。

2. タイピングソフトで練習をはじめる

無料で充分です。

優良版は、アルファベットから覚えられるソフトもあるので、便利な面もあります。
金額も良心的なので、買ってみるのもおすすめです。

きっずタイピング【amazon口コミ】
「子供が飽きさせない工夫、アルファベット、英単語、セミコロンやスラッシュの読み方も教えてくれつつ、タイピングの基礎もこれでもかっていうぐらい、じっくりと分かりやすく伝えてくれる良い商品。
これから始める子供にちょうど良い教材。
発達の早い年長にもいけるかも。」

これからおすすめする無料ソフトでタイピングに取り組む場合、「おすすめの取り組む順番」があるので参考にしてください。

詳しくは、「指の位置から学べる」タイピング練習おすすめ無料ソフト2選で紹介していきます。

3. アクセサリのメモ帳に好きな文章を打ってみる

アクセサリのメモなどを使って、好きな文を繰り返し打たせてみましょう。

最初は自分の名前が一番分かりやすいです。

文章を打てることが楽しくなると、さらにタイピングが上達していきます。

チャットソフトを使って、実際にやり取りができると、より楽しく習得できます。

【子供のタイピング練習】「指の位置から学べる」おすすめ無料ソフト2選

「指の位置から学べる」タイピング練習おすすめ無料ソフト2選

めざせ!タイピングマスター FMVキッズ:富士通パソコン

次に紹介するソフトの方が楽しいんですが、まずはこちらで指の位置を覚えましょう。

基本の位置だけでも覚えてからじゃないと、次で紹介するソフトが、すぐ苦しくなってしまいます。

次で紹介するゲーム感覚が強いソフトに現在夢中になっている息子も、こう言っています。

息子「俺これ前もって練習してなかったら、マジでやばかったわ。
押すところ探しながらやるから、途中で進めなくなってたかも。」

まずは「きほんコース(初心者しょしんしゃ向け」ローマ字タイピングきほんコース

このソフトで、まずキーポジションを覚えましょう。

下にスクロールすると、きほんコース(初心者向け)が出てきます。

きほんコース(初心者しょしんしゃ向けローマ字タイピングきほんコース

かなタイピングは無視しましょう。
社会人でやっている人いません。

キーの配置を覚えよう

この練習は、キーを上段・中段・下段に分けて練習します。

キー配置を覚えよう
キーの配置を覚えよう

それぞれの指の動かし方を覚えよう

この練習は、ひとつの指が押すべきキーがランダムに練習できます。

各指の動かし方を覚えよう
それぞれの指の動かし方を覚えよう

画像で分かる通り、押すべき指に色が付きます。

我が家は、「それぞれの指の動かし方を覚えよう」の練習を重点的にやりました。

このソフトを活用するポイント

  • 最初はホームポジション(両人差指を置くFとJ)を教える
  • それぞれのキーを押す指が決まっていることを教える
  • 画面操作から子供に自分でやらせる
  • お気に入りバーにでも入れて、自分でクリックして作業できるようにする
  • 慣れてきたらハンカチで手元を隠してみる

どの指のキーを練習するかを選択しなければならないので、ここから子供に自分でやってもらっています。

マウスを使うので、マウスの操作方法にも慣れることができますよ。

どの指を練習するかクリックしたら、「スタート」もクリックが必要です。
実際のスタートはスペースキーで始まります。

ホームポジションに指を置き、親指でスペースキーを押させてスタートさせましょう。

子供タイピング練習

10行やるとタイピング結果が出ます。

タイピング結果

レベルというところにA+E-までの結果が出るので、全部C以上が出せるように頑張っています。

これが彼を夢中にさせまして、、、
「チックショー!」と言いながらやっています。

慣れてきたら手元を隠してブラインドタッチの練習をする

すべてC以上のスコアが出るようになったら、手元を隠してチャレンジしてみましょう。

どうしてもキーを見て操作しようとしてしまいます。

押すべきキーは画面に出るので、意外とできます。

手元を隠してブラインドタッチの練習

実は、次で紹介する桃太郎タイピングに熱くなりすぎた長男。
敵をさくさく倒したいがために、改めてこっちの無料ソフトで練習しなおしています。
手元を隠した方が、上達が早いです。

じつりょくアップコース(2文字以上)に挑戦してみよう

だいたいC以上が出るようになったら、じつりょくアップコース(初心者しょしんしゃ中級者ちゅうきゅうしゃ向け)に挑戦するのもありです。

2文字以上で、ここからローマ字になってきます。

小学生 タイピング練習 単語 短文

お子さんのやる気に合わせて進むとよいでしょう。

それぞれの指にあたるキーがだいたいできれば、次のタイピングゲームが十分に楽しめます。

ココアの桃太郎タイピング

ハマりすぎ注意です!
ちょっとしたロールプレイング要素があり、相当ハマってます。

獣民登録してストーリーを進めましょう

簡単なあらすじ

主人公は桃太郎です。

この世界のお菓子がグレて「あやかし」(敵)になってしまいました。
タイピングという技をつかって、「あやかし」を元のお菓子に戻していこう。

攻撃するときもタイピング、敵からの攻撃から防御するときもタイピングの技を使おう。

是非、獣民登録してやらせてあげてください。

獣民登録は生年月日とメールアドレスぐらいしか個人情報は入れないので、安心です。

登録することによって、頑張った結果が記録され、また途中から進めることができます。

ただ、登録しなくても遊べます。
タイピング検定はいつでもできますので、親が試すのにはちょうど良いです。

このタイピングゲームの良いところ

  • 主人公になりきれます
  • 知らない内に上達できるぐらいハマります
  • レベルが上がる話が進むとロールプレイングゲームのように、仲間ができたり、その仲間が技を覚えたりして、主人公(本人)を助けてくれます
  • 最初はずっとアルファベットの一文字なので、キーポジションをだいたい覚えていればサクサク進めます
ココアの桃太郎対タイピング

「あそぶ」ということころから始めます。

最初は、話が少し長いですが、一緒に読んであげてください。
子供が入り込めて楽しめます。

ゲームの進め方紹介

①まずこの敵を倒す時に使うキーを表示してくれます。

ココアの桃太郎タイピングつかうキー

②タイピングして攻撃します。

ココアの桃太郎タイピング攻撃

③タイピングが成功すると攻撃し、応援してくれます。

ココアの桃太郎タイピング応援

④無事倒せると、ステージ評価してもらえます。

ココアの桃太郎タイピングステージ評価

こんな感じで話がすすみます。

息子「途中でね、ダメージチャンスってなってね、タイピングを成功させると大ダージを与えられて、一気にやっつけられるときあるんだよ!」

とにかく興奮して、やってます。

かなり夢中になってしまうので、タッチタイピングが崩れがちになります。
本人も、タッチタイピングができないと、だんだん敵に勝てなくなっることを感じてきます。
そんな時は「めざせ!タイピングマスター FMVキッズ」へで訓練しなおします。

【子供のタイピング練習】3カ月続けた結果

アルファベットの練習を終え、週2回タイピング練習をはじめてから3カ月経過しました。

するとパソコンの検索窓に、キーワードを入力できるようになりました。

そして夢中になっているマインクラフトでも、自分の世界で作った看板に、ひとりで文字を入力できるようになりました。

小学校2年生8歳のマイクラガチャ

自分で作った「ガチャ」の看板らしいです。

入力はまだ早くはありませんし、ブラインドタッチとまでは行きません。
それでも、キーを探しながら打ってた頃と比べるとだいぶ上達しました。

継続は力なりですね。

学校の勉強や、宿題、習い事もあるので、土日のみ週2回の練習でしたが、れでも4カ月で上達するものです。

目指すはブラインドタッチそしてプログラミング

我が家の長男は、ゲームが好きです。
よって、プログラミングはやらせてみるべきかなと思っています。

まずは無料でできる「スクラッチ」やマインクラフトのコードが書ける「Code Connection for Minecraft」を試す予定です。

高学年になると、勉強や通塾のことも考えなくてはならないので、今のうちにオンラインスクールも経験させてみようかなと考えています。

まだリサーチ中ですが、はじめたら紹介していきたいです。

広告

子供のタイピング練習週2回無料ソフトでコツコツ3カ月続けた結果

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる