リビング学習はダイニングテーブルで大正解のワケ

小学生のリビング学習はダイニングテーブルで

うちの長男は現在小学校2年生。

昨年小学生になる準備として、勉強机を用意するかを迷いましたが、机等は買わずに現在リビング学習をしています。

結果多少の難はありますが、学習の面ではとても良い効果がありました。

今回は我が家のリビング学習について紹介していきます。

・公立小学校に通っています
・我が家はマンションです
・リビングに学習用のデスクを置くスペースはありません


この記事でこんなことが分かります。

・ダイニングテーブルでリビング学習するメリットとデメリットがわかる
・ダイニングテーブルで学習するときの便利グッズがわかる
・リビング学習はほとんど何も買わなくて良い

目次

リビング学習はダイニングテーブルにして良かったこと

リビング学習はダイニングテーブルにして良かったこと

分からないことはすぐ聞ける

分からないところがすぐ聞ける環境は、低学年の子供にとって大切なことです。
なぜならば、分からないことが分かるようになることが学びだからです。

分からないところをそのままにすると、せっかくの学びのチャンスが奪われるだけでなく、分からないままにしておく癖が付きます

またこれは体感ですが、分からないところの多くは、問題文の意味です。
間違える問題の多くも、問題文を正しく理解していないものがほとんどでした。

現在我が家の長男は小学校2年生ですが、分からないところはすぐ聞いてきます。
「何これ!どういうこと!?」
親が近くにいる方が安心して取り組めるようです。

ですので、宿題やドリルをやっているとき、
「これってどういう意味?」
とすぐに聞ける環境が、子供にとって大事なことだと実感しています。

勉強が堅苦しいものではなく、生活の一部のようになる

私は子供に、
「勉強は机に座って、我慢してやるというものではなく、生活の一部として習慣のように積み重ねるもの」
だと思ってほしかったのです。

人は結局何かしら一生勉強し続けるものですから。

習慣化してしまえば、後の勉強も苦ではなくなるのではないでしょうか。

1年生も後半になれば、だいぶ習慣化ができます。
子育て後半に親が苦労するよりも、早くから習慣化させる方が、親も子もストレスが減るのではと考えています。

丸付けするのが楽

子供が小学生になり、まず驚いたのは、宿題を親が丸付けするということです。

加えて間違えたところは、親が教えて直して持ってくるように指導があります。

私達の時代とは変わりましたね。

おかげで宿題忘れませんね。

間違えた箇所もすぐ教えてあげられる

リビング学習だと、近くで様子が見れるので、すぐ教えてあげられます。

おもちゃなどはないので、すぐ集中できる

食事用のダイニングテーブルなので、オモチャや漫画などは近くにありません。

おかげで、取り組む前に遊んじゃうということがないのもメリットです。

ダイニングテーブルで学習するデメリット

食事の時間は片付けが必要

時々プリントが食べこぼしで汚れる

消しゴムのカスの片づけが面倒

多少不便ですね。

高学年には専用デスクを購入するので、それまでの我慢だと思っています。

リビング学習をダイニングテーブルでするときに便利なもの

リビング学習をダイニングテーブルでするときに便利なもの

ダイニングテーブルでのリビング学習で必要なものは、筆記用具のみです。

出しやすくしまいやすいコンパクトな筆記用具入れ

最初は筆箱を持ってこさせていたですが、間違えた問題を教えたい時などまた用意しなくてはならず、不便でした。
しかも片付けも面倒なのか、そのままテーブルにほったらかしにしてあることも多く、困っていました。

そこで筆記用具を入れる入れ物を100円ショップで買ってきました。

リビング学習 100円ショップペンケース

スリムで便利なのですが、頻繁に使う消しゴムが超取りにくいんです。

消しゴム取りにくいっ…
結局毎回全部出すという不便さです。
これじゃ筆箱と変わりない…

しかも鉛筆の先で壁紙を汚します。

そこで購入したのがこの立つペンケースです。

ソニック ペンケース スマ・スタ 立つペンケース
ソニック スマ・スタ 立つペンケース 1,100円(税込み)

息子「これ、すげ~じゃん!」

消しゴムが取りやすく、筆記用具も片付けやすい。
ペンケースなので、しまうこともできますが、我が家は開けっぱなしです。

とりあえずリビング学習で準備したのはこれだけでした。

消しカスクリーナー

消しゴムのカスがすごく出るんですが、今のところ消しカスクリーナーは買ってません。

すごく買おうかな~と迷ってます^^

宿題や勉強が終わった後、そのままそこで食事をするので、さっと片付けたいんですよね!

今のところ、小さなゴミ箱を持ってきて、手でささっと片付けてます。

調べてみると、この2つの商品が高評価でした。
省スペースで吸引力があるタイプが人気のようです。

小学生って、とにかく消しゴム使うんです。
間違えて消すの繰り返し…

消しゴム消す練習かな?


だから、消しカスクリーナーはあった方が便利です。

口コミ見てたら欲しくなりました。

リビング学習に決めたら大きなものは買わずに済んだ

小学校入学前に、リビング学習にしようと決めたところ、何も準備しなくて良いことに気が付きました。

必要なら買い足そうと思っていたのですが、結局2年生の終わりまで、机や棚などの大きなものは購入していません。

我が家が準備したのは、もともとあった棚を整理し、学用品等を自分で準備できるようにしてあげただけでした。

小学校入学学用品用棚
小学2年生 学用品を置く棚

ランドセルは床に置いてます。
これで今2年生ですが、全く困ってません…

1~2年生の内は毎日ほぼ同じ教科ばかりです。
ですので、ほとんどの教科書はランドセルに入りっぱなしなの状態です。

図工・音楽・書写だけは入れ替えているようです。

勉強机は、頃合いを見て必要になったと判断してから購入予定です。

リビング学習 さいごに

リビング学習は良いです!

最初は宿題の間違いを指摘されると、怒ることもありました。

(今でも時々…)

しばらくは、反発したり、うるさがったり、いろいろあります!

でもやるとやらないとでは全然違います。

やっぱり放っておくと、間違ったままが当たり前になってしまうので、面倒でも、勉強の仕方を見守るつもりで向き合った方が、その先が楽になると思います。

現在2年生も後半になってきましたが、帰ってきて一人で宿題をし、丸を付けてもらって、間違いを当日中に直すのが当たり前になってきました。

今後は少しずつ、分からないものを自分で調べて理解できるように、支えていきたいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

小学校入学準備の記事も書いています。
宜しければ参考にしてください。

広告

小学生のリビング学習はダイニングテーブルで

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる