シンプルなライフプラン表で教育・老後資金を見える化「エクセルのダウンロードできます」

ライフプランを作ったことがない人
  • ライフプランを作ったら節約生活に縛られる?
  • 教育資金や老後が心配だから、とにかく節約
  • 子供の習い事にどのくらい使っていいの?
  • 老後資金ってどのくらいあれば良いの?

自分でライフプラン表を作ってから、6年。

やたらと節約しない生活は、ラクです。

将来のお金の心配を、いちいちしなくて良いから。

細かいライフプラン表は1度作ったら一生もの。

できるだけ厳しめに作ってください。

厳しめっていうのはこういうことです。

  • 子供は高校から私立で計算しておこう
  • 習い事は、多めで計算しておこう
  • 高校生からは子供のスマホ代もしっかり入れておこう

ライフプランは、人生を楽しむ計画を立てる表です。

最初からギチギチだと、苦しくなります。

生活費は現実に沿って。
先の予算は余裕を持って作ってください。

私が自作エクセルでライフプラン表を作ったのは、マンション購入がきっかけでした。

ローンを支払いながら、教育資金と老後資金が足りるかどうか不安だったからです。

はじめはシュミレーションサイトを利用していました。

でもシュミレーションサイトはやはり一例。
あくまでも目安です。

正確に把握できるわけはありません。

自動計算はあくまでも一般的な生活水準をもとに計算されています。

食費をひとつとってみても、各家庭によって使う金額はだいぶ違うもの。

そこで私は6年前、ライフプラン表を作成しました。

作りは極めてシンプルです。

それでも完成までには試行錯誤が必要でした。
項目に漏れがあると、正確なプランができないからです。

今回は、私が作ったシンプルなライフプラン表を公開します。

使い方、項目についても丁寧に紹介しますので、参考にしてください。

エクセルがない方でも使えるように、googleスプレッドシートで公開しています。

\ライフプラン表で変わる生活/
  • やみくもに節約するのではなく、計画的に使う生活になる
  • 外食、旅行も計画的に楽しめる
  • お金に振り回されるのではなく、お金をコントロールする人生になる
この記事を書いた人
yuncholic
  • FP2級資格取得から15年
  • 結婚10年、共働き、子供2人

▶結婚5年でマイホームの頭金1,600万円を貯める
▶2016年中古マンション購入+総リフォーム
▶購入10年で住宅ローン完済予定
▶ライフプランをエクセルで自作してから6年

目次

ライフプランのエクセル表をおすすめする人しない人

人は、お金の将来が見えないと不安になります。

もちろん、この先何が起こるかは分かりません。

突然失業することもあるかもしれません。

だからこそ、先行きを知っておくことは重要です。

何かあった時には、何を削るか冷静に検討できるから。

現実を直視する勇気、持ちませんか?

意外と、心配しすぎってことありますよ。

ライフプラン表の作成をおすすめしたい人

  • ライフプランを作ってみたい人
  • 子供の塾など、教育費にどのくらい使えるか把握したい人
  • 老後資金がどのくらい必要なのか知っておきたい人
  • エクセルの入力ができる人
  • エクセルの計算式について分かる人
    (分かるだけで使えなくても大丈夫です。計算式は既に入っています。)

ライフプラン表の作成をおすすめできない人

  • お金の心配がなく、ライフプランに興味がない人
  • ライフプランを作るということ自体に抵抗がある人
  • エクセルが全く分からない人

自分で作れるシンプルなライフプランエクセル「ダウンロードして使えます」

自分で作れるシンプルなライフプランエクセル「ダウンロードして使えます」

表にあるモデルケースの家族構成
夫 45歳 会社員 65歳定年
妻 42歳 会社員 下の子が小学生になったらパートに切り替える予定
長男 8歳 大学進学予定
長女 4歳 大学進学予定
※住宅ローン 夫が51歳の時に一部繰り上げ返済で完済予定

夫が100歳までのライフプランになっています。

一番下の欄で「残高合計」の推移が確認できます。
ここがマイナスにならなければ良いわけです。

広告

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる