【デイトレードをやめて長期投資15年】負けを取り戻し+300万円達成できたワケ

デイトレードを辞めた私が伝えたい 長期投資のメリット

どんな人向けの記事か。

  • デイトレードで結果が出ない人
  • 長期投資でじっくり確実に収益を狙いたい人

私の株式投資歴は15年です。
最初はデイトレーダーを目指しましたが失敗し、長期投資に転向しました。

現在は国内株、米国株、仮想通貨に投資をしています。

始めは身近な株から投資を始めました。
それでもコツコツ続けた結果、含み益も入れると収益は320万円を超えています。

残念ながらこの記事は、元のお金が何倍にもなるというような記事ではありません。

持っているお金を、世の未来に投資して、資産を増やすための記事です。

私は会社員であり、日々仕事や育児に追われる普通のママです。
一生懸命働いて貯めたお金が、FXやデイトレードで一瞬で消えるなんて、心が耐えられません。(笑)

子供達の未来を考えるように、世の中の未来を考えてに投資しています。

今回は、私が感じる長期投資のメリットや、銘柄の具体的な選び方を紹介します。

この記事を書いた人
  • FP2級資格保有歴 15年
  • 投資スタイル 長期投資
  • 投資収益 含み益を入れて300万円以上
  • 現在の投資対象は、J-reat、ゲーム会社株、大手スーパー株、米国S&P、ビットコイン
目次

長期投資の方がメリットが大きい

長期投資の方がメリットが大きい

こんな言葉を聞いたことがありませんか?

「9割の投資家が損をしている」

しかしこんな事実もご存じでしょうか?

「アメリカ人の多くは、資産の半分を投資で運用している」

9割の投資家が損をしているなら、アメリカ人は絶対に投資をしませんよね。

結論、損失を出している投資の多くは、超短期トレードなのです。

短期トレードは、少ない資産で大きな利益が狙えます。
しかしそんな人は、ほんの一握りです。

一方長期投資は短期に大きな利益を出すことはほぼ無理です。
しかし損失を出すリスクを、リサーチによって減らすことができます。

長期投資の大きなメリットは次の3つです。

日々の値動きに一喜一憂しなくて良い

じっくり企業分析ができる

配当金が入る

長期投資にもデメリットがあります。

・短期間で大きなリターンを得ることはできない
・社会情勢や経済動向に大きな影響を受けることがある

私が考える長期投資の一番のメリットは、企業の分析をじっくりした上で投資ができることです。

この企業いいな~。

そう思ったら、まず分析をして日々の株価を追っていきます。

値動きも良ければ、あとは下がったところで少しずつ買い集めるだけです。

しかし、最初から長期投資でうまく行ったわけではありません。

私はFP2級資格を取得した後、まずはデイトレードから投資をはじめました。

見事にデイトレードの洗礼を受け、当時の私の資産の半分は株式市場の養分となってしまったのです。

それでは、デイトレード失敗エピソードを紹介します。

私がデイトレードをやめる決意をしたワケ

私がデイトレードをやめる決意をしたワケ

私は、ホリエモンのライブドアショックがあった頃の2006年から株取引を始めました。

当時はインターネットの普及により個人投資家が増え、「デイトレード」等のワードが注目を浴びた頃です。

私は取ったばかりのAFP資格と証券外務員の資格に加え、5~6冊の株に関する本の知識を基に、株取引を始めました。

それまでの人生で貯めた100万円でデイトレードを始める

当時は、投資で儲けている人がメディアで取り上げら始めた時代でした。
オンライン取引により、個人投資家が爆発的に増えたからです。

私も勉強すればきっと稼げる。
FP資格は持ってるし、証券外務員資格も取った。
あとは実践あるのみ!

私が用意できたのは、それまでコツコツ貯めてきた100万円。

この金額から大きく稼ぐには、デイトレードしかありません。

当時は投資ブログも大変人気でした。

自分のトレードをブログに公表することで、トレードを振返ることができるからです。
トレード仲間も増え、孤独感も和らぎます。

投資という分野は、仲間がライバルになることがありません。
なので、素直に投資仲間の失敗、成功、思考から学ぶことができます。

しかし、当時の私は負けパターンからなかなか抜け出すことができませんでした。

「デイトレード初心者」の典型的なパターン

  • 選んだ銘柄の過去の値動きを分析しない
  • 取引板を見て、なんとなくで指値を入れる
  • 約定されたら、ハラハラドキドキ(この時点で予想の値動きは頭から吹っ飛びます。)
  • 値が上がると「もう下がるんじゃないか」と早々に売却
  • 値が下がると「もっと下がったどうしよう」と損切り
  • その後値が上がり落ち込む
  • その失敗を生かそうと別の銘柄で損切りが遅れ、損失を拡大

これだけ振り回されていて、勝てたら驚きます。
狼狽する内は絶対に勝てません。

デイトレードの失敗ぶりが本に取り上げられた

そもそも初心者は、チャートを自分なりに分析できたとしても、その分析を信じ切ることができません。

経験がないからです。

私はその後、何度もトレードに挑戦します。
経験を重ねれば、少しずつでもコツがつかめると信じていたからです。

しかし最後、私は冷静にトレードをすることができない自分に気が付きました。

私には合っていなかったのです。

迷った挙句、私には向いていないなと判断してデイトレードを辞めることを決断しました。

その後残った資産で上京し、就職し、結婚して今に至ります。

実は、当時のがっくりきているブログの記事が出版社の方の目にとまり、記事執筆の依頼を頂きました。

この執筆で、ほんの少し負けを取り戻せました。

現在、「長期投資をするきっかけはデイトレードの塩漬け株

現在、取引を中・長期投資に切り替え、FP資格者らしく資産運用として株取引を行っています。

きっかけは、デイトレードで持ち越したコーエーテクモという株でした。

この株は、デイトレードに苦しむ中、チャートを無視して優良銘柄だと判断し購入した株でした。

しかし一時期は株価が5分の1にまでなってしまいました

そこを信じ続けて15年、結局3倍にまで成長してくれました。

コーエーテクモホールディングス
+749,309円(2021年6月現在)

とても思い入れのある株なので、別記事でその復活ストーリーを紹介しています。

本格的に長期投資をはじめたら収益のコツがつかめた

本格的に長期投資をはじめたら収益のコツがつかめた

本格的に中・長期投資のスタイルで株取引を再開したのは、一人目の子育てが落ち着いた2013年です。

働いて貯めたお金の半分を証券口座に入れ、最初から長期保有目的で株取引を始めました。

f:id:life-is-distress-or-beautiful:20200901115320j:plain

確定利益 +703,131円

保有株の含み益 +2,015,585円(2021年6月現在)

今までの配当金合計 +583,956円(税引き後)

※郵便局受取「配当金領収書方式」で受け取っていた配当は含んでません
※現在はすべて証券口座受取「株式比例配分方式」にしています

長期投資で利益を出し続けられた要因

優良銘柄をリサーチし、良いタイミングで購入ができている

株価上昇の波にうまく乗れた

ここで、過去30年の日経平均の動きについて振り返ってみます。

年月日株価
1989年12月29日 バブル最高値38,195円               
1997年11月24日 山一証券倒産16,721円   
2009年3月10日  バブル後最安値7,054円
2012年12月26日 第二次安倍政権発足10,230円
2017年1月20日 トランプ政権発足19,137円
2020年4月7日  緊急事態宣言18,950円
2020年9月16日  菅政権発足23,475円

2013年からの株価上昇の波にうまく乗れたことが分かります。

投資銘柄については、自分の良く知っている分野中心に投資をしました。
企業分析をするにも、知っている銘柄ではないと想像力が働かないからです。
結果、大きくマイナスを出すことなく、収益を上げることができました。

「何にお金をつかっているか?」が銘柄選定のポイント

長期投資するということは、その企業を心から応援するということです。

長期投資のポイント5つ

  • 冷静に判断するため、余剰資金で投資する
  • 自分が詳しい分野の銘柄を選ぶ
  • 目の前の値動きよりも大きな流れを見る
  • 銘柄が決まったら、安いタイミングで少しずつ購入する
  • 狼狽売りしない

何に一番お金を使っていますか?

私ここから銘柄選定のヒントを得ています。

ムダなものにお金は使いたい人はいません。
たくさんお金を使っているのは、そこに価値を感じているからです。

例えば、我が家は家族全員スニーカーです。
家族全員、年に一人2足は購入しています。

合計8足!

その8足を、すべてエービーシー・マートで購入しています。

ABCマートは東証1部上場企業で、配当率も高めです。

100株で3,000円分の割引券が、株主優待として得られます。

コ□ナ騒ぎの前までは業績、株価とも順調に伸びていました。

昨年から購入のタイミングを計り、今年やっと100株購入しました。

これから伸びるか楽しみです。

自分が良く知っている分野の銘柄を選ぶことは大事なことです。

あまり知らない銘柄だと、突発的なニュースがあったとき、どう影響するのか予想できないからです。

最後に投資について考える

喜んで10年間株を持ち続ける気持ちがないのなら、

たった10分間でも株を持とうなどと考えるべきですらない

ウォーレン・バフェット 成功の名語録 世界が尊敬する実業家、103の言葉

デイトレードやFXで利益を上げている方も実際にいるでしょう。
書店にいくとそのような本がたくさん売られています。
しかし短時間で冷静な判断をし、買いと売りを繰り返して利益を得るのは神技です。

私は自分でデイトレードをしてみて、はっきりと向いていないと感じました。

自分に合った投資方法を選ぶことは大切です。

私は会社員であり、日々トレードを繰り返すことなどできません。

私は未来に投資をしたい。

最近だとビットコインに少し投資を始めています。

「どの国にも属さない通貨」という概念に魅力を感じたからです。

日本は11年連続で人口が減少しています。
しかも、高齢者は増え子供は減っています。

これは他国では例がありません。

働く人が減って、働けない人が増える世の中。

ここから想像する未来が、長期投資の銘柄選びの参考になるのではないでしょうか。

コツコツ勉強しつつ、未来に投資していきましょう。
勉強も投資です。(笑)

最後に私が読んで参考になった書籍を3つ載せておきます。
どれもロングセラーの名著です。

amazon

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ

ウォーレン・バフェット 成功の名語録 世界が尊敬する実業家、103の言葉 (PHPビジネス新書)

父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え

広告

デイトレードを辞めた私が伝えたい 長期投資のメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる