長期投資の方がメリットがあった「私がデイトレードをやめたわけ」

デイトレードを辞めた私が伝えたい 長期投資のメリット

私の株式投資歴は14年です。
最初はデイトレーダーとして出発しましたが、訳あって現在は長期投資家です。

今日は、私がデイトレードから長期投資へと転換した理由についてのお話です。
※この記事は5分で読めます。

目次

長期投資の方がメリットが大きい

長期投資の方がメリットが大きい

よく「9割の投資家が損をしている」と言われています。
しかし、アメリカ人の資産の内訳は半分が株式・投信信託で占められている事実をご存知でしょうか。
しかもその投資は損失どころか利益を生み出しているのです。

損失を出している投資家のほとんどが、短期トレード

ここで私が思う、長期投資の大きなメリットを3つあげます。

日々の値動きに一喜一憂しなくて良い

じっくり企業分析ができる

配当金が入る

・短期間で大きなリターンを得ることはできない
・社会情勢や経済動向に大きな影響を受けることがある

私が考える長期投資の一番のメリットは、企業の分析をじっくりした上で投資ができることです。

「この会社は今後きっと伸びるだろうな。」

そう考えた企業について調べ、投資をすることは、最大限リスクを抑えることにつながります。

私はFP2級資格を取得した後、まずはデイトレードから投資をはじめました。

それでは、なぜデイトレードから長期投資へ転向したのでしょうか。

それにはやはり理由がありました。

早速私の投資初心者失敗エピソードを紹介していきます。

私がデイトレードをやめる決意をしたワケ

私がデイトレードをやめる決意をしたワケ

私は、ホリエモンのライブドアショックがあった頃の2006年から株取引を始めました。

当時はインターネットの普及により個人投資家が増え、「デイトレード」等のワードが注目を浴びた頃でした。

私は取ったばかりのAFP資格と証券外務員の資格に加え、5~6冊の株に関する本の知識を基に、ネット証券で株取引を始めました。

デイトレード・原資はそれまでの人生で貯めた100万円

私は、テレビやネットで目にする、株で稼いでいる人を自分に当てはめ、「私も株取引で稼いでいこう!」という期待を胸に、株取引を始めたのです。

100万円を基に、コンスタントに収益を重ねるためには、デイトレードしかありません。
よって選択したトレードスタイルはデイトレードでした。

デイトレードを始めた私は、本のアドバイスに従い、トレード結果をブログに書いていました。
ブログに書くことによって、一日を振り返り、日々トレードを研究しているつもりでいました。

でも私のトレードは、同じパターンからなかなか変わることができませんでした。

「デイトレード初心者」私の負けパターン

・選んだ株をちょろっと調べ、大した考察もしない

・取引板をみて、なんとなくここだと思ったところに指値で買いを入れる

・約定されたら値動きを見てハラハラドキドキ
(この時点で予想の値動きなんて頭から飛んでいます。)

・値が上がると「もう下がるんじゃないか」と早々に売りを入れる

・その後さらに値を上げて後悔

・値が下がると「もう少ししたら戻るかもしれない」と損切りが遅れ、損失を膨らます

・損切りした後に値を戻し、さらにがっくりくる

振り回されぶりが半端ない…

デイトレードの失敗ぶりが本に取り上げられた

慣れていないからだろうと、その後何度もトレードに挑戦したのですが、心を冷静に保ちながらトレードをすることが私にはできませんでした。

勉強不足と経験不足であることは分かっていましたが、経験不足を補うまでに私の原資は底をついてしまうだろうということは容易に想像できました。

迷った挙句、私には向いていないなと判断してデイトレードを辞めることに決めました。

その後残った資産で上京し、就職し、結婚して今に至ります。

実は、当時のがっくりきているブログの記事が出版社の方の目にとまり、記事執筆の依頼を頂きました。

この記事執筆で、ほんの少し負けを取り戻せたけど^^

現在、「長期投資をするきっかけはデイトレードの塩漬け株

現在、取引を中・長期投資に切り替え、FP資格者らしく、資産運用として株取引を行っています。

デイトレードを辞めた時、1銘柄だけ売らずに保有することにした「光栄」という銘柄のゲームメーカーの株がありました。
(現在はコーエーテクモという株に名称変更しています。)

この株は、当時の自分の持っている知識を使って考察した結果、優良銘柄だと思って買った株でした。

結果、その後1年で1/3まで値が下がり私の自信を見事に打ち砕いてくれましたが、しぶとく保有をしていたところ、

現在含み益が+364.176円(2020.9.1現在)になっています。

とても思い入れのある株なので、別記事でその復活ストーリーを紹介しています。

本格的に長期投資をはじめたら収益のコツがつかめた

本格的に長期投資をはじめたら収益のコツがつかめた

本格的に中・長期投資のスタイルで株取引を再開したのは、一人目の子育てが落ち着いた2013年頃でした。

働いて貯めたお金の半分を証券口座に入れ、長期保有する目的で株取引を始めました。

f:id:life-is-distress-or-beautiful:20200901115320j:plain

確定利益 +703,131円

保有株の含み益 +1,448,071円(2020.9.1現在)

今までの配当金合計 +433,956円(税引き後)

※郵便局受取「配当金領収書方式」で受け取っていた配当は含んでません
※現在はすべて証券口座受取「株式比例配分方式」にしています

長期投資で利益を出し続けられた要因

優良銘柄をリサーチし、良いタイミングで購入ができている

株価上昇の波にうまく乗れた

ここで、過去30年の日経平均の動きについて振り返ってみます。

年月日株価
1989年12月29日 バブル最高値38,195円               
1997年11月24日 山一証券倒産16,721円   
2009年3月10日  バブル後最安値7,054円
2012年12月26日 第二次安倍政権発足10,230円
2017年1月20日 トランプ政権発足19,137円
2020年4月7日  緊急事態宣言18,950円
2020年9月16日  菅政権発足23,475円

私は2013年からの株価上昇の波にうまく乗れたことが分かります。

投資銘柄については、自分の良く知っている分野中心に投資をしました。
企業分析をするにも、知っている銘柄ではないと想像力が働かないからです。
結果、大きくマイナスを出すことなく、収益を上げることができました。

投資銘柄の選定についてはポイントが5つあります。

・冷静に判断できるようにするため、余剰資金で投資する
・詳しい分野の銘柄を投資対象とする
・目の前の値動きよりも大きな流れを見る
・投資対象の銘柄が決まったら、購入のタイミングをはかる
・売り時について良く考える

あたりまえのことなんですが、冷静に判断するということです。

そして、自分が良く知っている分野や企業の銘柄にするというのも大事なポイントです。

何かニュースがあったときに、あまり知らない銘柄だと、そのニュースがどう影響するのか予想できないからです。

そして利益を確定させるタイミングについても、良く考える必要があります。
確定させなければ、それは利益とは言えないからです。

最後に投資について考える

喜んで10年間株を持ち続ける気持ちがないのなら、

たった10分間でも株を持とうなどと考えるべきですらない

ウォーレン・バフェット 成功の名語録 世界が尊敬する実業家、103の言葉

デイトレードやFXで利益を上げている方も実際にいるでしょう。
書店にいくとそのような本がたくさん売られています。
しかし短時間で冷静な判断をし、買いと売りを繰り返して利益を得るのは神技といってよいでしょう。

私は自分でデイトレードをしてみて、はっきりと損失を出す感情的な要因を実感しました。
なので私は、自分にあった方法で、日々勉強をしつつ資産運用していきたいと思っています。

投資は本で勉強しただけでは、なかなか理解できません。
失敗も大きな学びなのです。
今の時代、銀行の大口定期預金でさえ、ほとんど金利がつきません。
ご自身に合った投資方法を見つけ、しっかり資産運用をしていきましょう!

この記事を読んで頂きありがうございました。


広告

デイトレードを辞めた私が伝えたい 長期投資のメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる