思い立ったが吉日

仕事×育児×人生 あきらめないゾー

塩漬け株を長期保有→結果利益を生んだ3635コーエーテクモ

株 長期トレード 結果

デートレードなのに塩漬けし、長期保有することにした「9654コーエー」という銘柄を、私は現在まで14年間保有をし続けています。
(※途中で銘柄名が変更します。)

今回はその銘柄の軌跡について紹介したいと思います。
※この記事は5分で読めます。

 

 

f:id:life-is-distress-or-beautiful:20200910132235p:plain

負けないデイトレを考える→塩漬け株を長期保有することになった

私は当時、デイトレードで結果が出せずにいました。

デイトレードの特徴と利点

◇個別銘柄のチャート分析を根拠にトレード(テクニカル分析)

◇会社の業績予想や指標等のファンダメンタルを深く考慮する必要がない

◇少ない資金で多くのトレードを行い、利益を狙える

◇株を持ち越さないので、社会情勢や業績による含み損リスクが少ない

以上に挙げた特徴の通り、ひたすら固有銘柄のチャートを分析し、「ここだ!」というところで買って、売るわけです。
チャート分析買ポイント利益確定もしくは損切り、それでがすべてです。

大きな利益を得る為に、動きが荒い銘柄が好まれます。中には信用取引で、さらに大きく儲ける人もいると思います。でも私は、動きの荒い銘柄の動きについていけず、負けることが多かったのです。

そこで私は大きく負けない方法を考えようとしました。
考えた結果、東証一部でのみ取引を行い、銘柄を分析し、この企業の先行きに期待して買うという、デイトレーダーと真逆のことを、デイトレードでしてみようと考えました。

⇒もはや、デイトレードじゃありません。その後結局はデイトレードを辞めました。
www.mrs-solitude.com

 

塩漬け株となった「9654コーエー」を買った理由

この株を買ったきっかけは、単純に光栄のゲームが大好きだったからです。

当時、三国無双という中国の三国志をモチーフにしたゲームにはまっていました。
このゲームがきっかけで、その後私は三国志が大好きになり、今では三国志に関する本を何冊も持っています^^

とにかく当時自分が良く知っている分野の企業は、ゲームくらいだったのです。

コーエーの主力商品である「三国無双」や「三國志」は、自分が三国志の武将になって、戦地を攻略するゲームです。
私はこれに夢中になりました。このゲームは国や時代を問わず誰でも夢中に遊べるゲームだと感じました。

同じゲームの株でも7974任天堂は、最小単元数の100株で買っも当時160万を超えていて、手がでませんでしたが、光栄は20万~25万を推移しており、私にも購入できると考えました。
またPBRが当時1倍代だったので、安易な考えですが、安全な銘柄だと判断して購入しました。

 

塩漬け株をが長期保有株になるまでの軌跡

購入して3年で株価が1/5になる

2006年

デイトレードに限界を感じていたころでした。私には向いていないと…。
もう辞めようと思っていたのですが、今まで勉強したことがもったいなくて、踏ん切りがつかないまま「9654コーエー」を購入することに決めました。

この時、中・長期トレードかデイトレードかどっちつかずだったので、ついついデイトレードのノリで即買いしてしまい、245,000円でこの株を購入しました。

長期保有と決めていれば、ここでじっくり構えて、下がったところを買いに行ったと思います。結果、株価は上がるどころか徐々に下がり続け、そのまま塩漬けとなりました。

その後デイトレードを辞めて、上京し就職しました。

2009年

忙しい日々が続いていたのですが、ある日突然保有株のことを思い出して、久しぶりに自分の証券口座にログインしてみると、株の名前が変わってました!!
「3635コーエーテクモホールディングス」
知らぬ間に合併したんかい!
しかも価格が約50,000円に!ひょえ~

これで完全に自信を無くしました。
深く考えず、高値でつかんでそのまま保有し、損失を膨らます…
あの時損切りして売却しておけば、こんなことにはならなかったと思いました。

そして保有株なんだから、株主としてしっかり株価情報を見ておけば、この合併のこともしっかり理解し、売却するなりなんなりできていたのに…。

もうどうしようもありません。
倒産ではないわけですから、希望はある…?とそのままさらに放置することにし、私の塩漬け株として、頭の奥に葬り去られていきました。

2012年

《私》長男が生まれました。
首相が安倍さんになり、日経平均株価も底が見え上向てきたように思えました。
私はここでETFに少し投資をはじめました。

2013年

《私》職場復帰
東京オリンピックの開催も決まり、なんだか景気も上向てくるような雰囲気になっていました。
オリンピックに期待し、J-Reat株に興味を持ち、投資銘柄を増やしました。
【コーエー時価評価額 約70,000円】

2015年

●コーエーテクモホールディングス株が1:2に株式分割
●持ち株が120株へ
【コーエー時価評価額 約80,000円】

2016年

《私》下の子が生まれました。
【時価評価額 約150,000円】
アベノミクス効果?もしや売り時?と何度も考えましたが、
「いやいやどうせ、一度は5万円以下にまで下がったものだし!」
と思い直し、そのまま成長を見守ることにしました。

2018年

●コーエーテクモホールディングス株が1:2に株式分割
●持ち株が144株へ
【コーエー時価評価額 約180,000円】

2019年

●『三國志13』中国アリババゲームスとライセンス契約
【コーエー時価評価額 約240,000円】
買った金額まで戻るのに10年かかりました!

2020年

●新型コロナの影響でゲーム需要で増益
●三國志ゲーム軍が中国で好調
【コーエー時価評価額 585,360円】(2020年9月9日時点)含み益+340,360円

f:id:life-is-distress-or-beautiful:20200910132308p:plain

だれがこの結果を予想したでしょうか!
この間、毎年配当もあり、平均すると毎年3500円(税引き)ありました。
2019年配当:6,312円(税引き後)
2020年配当:7,000円(税引き後)
配当金合計 約58,000円(税引き後)

塩漬け株を長期保有し学んだこと

今から思えば、かなり勉強不足の状態で購入したなと思います。
半分デイトレードに片足突っ込んでる状態で買ってますので、仕方ないですかね?

利益を出せた理由の半分は、全体の株価の上昇に乗れたことです。でもそれは長期保有していなければ乗れなかった波でしょう。
そしてそれ以上にこの企業が、利益を出せる企業だったからです。

正直購入時点では、中国のインターネット普及ゲーム市場の拡大まで予想できていませんでした。もはやこの新型コロナのことなんて全く予想できないわけです。

ただ、自分にも理解できる業態であるからこそ、新型コロナの全世界自粛の影響で株が一気に下がった時、これは逆に業績が上がる分野じゃないかと予想することができたんだと思います。

チャンスを掴まなければ、結果は得られないのだなと今更ながら思っています。
リスクを減らしたければ、分散投資&勉強 あるのみですね!

投資で重要なこと

◇余剰資金で投資する
(私は使う予定のない貯金額の半分で運用しています。)

◇理解できないビジネスには投資しない

◇常に売り時について考える

  

銘柄選定については、自分が何にお金をコンスタントに使っているかがカギです。
お金を使うということは、その分野に必然的に興味があるということだからです。
分からない分野は、何か動きがあっても予測ができず対応が遅れます。

最後に投資の神様ウォーレン・バフェットさんの言葉がビシっとまとまるので、
いくつか紹介してしめくくります。

「株式投資の極意とは、いい銘柄を見つけて、いいタイミングで買い、いい会社である限りそれを持ち続けること。これに尽きます。」


「株が下落したときに売ってはいけない。」


「10年、20年経っても欲しいと思うものを作っているかどうか、これが私の投資判断の基準です。」


「自分でから始めない限り成功はあり得ない。」

 

 
/***Topへもどる***/