思い立ったが吉日

仕事×育児×人生 あきらめないゾー

デイトレードから長期投資へ【投資歴14年】

 

私の株式投資歴は14年です。
最初はデイトレーダーとして出発しましたが、訳あって現在は長期投資家です。

今日は、私がデイトレードから長期投資へと転換したわけについてのお話です。 
※この記事は5分で読めます。

 

デイトレードから長期投資へ 私の投資スタート28歳

私は、ホリエモンのライブドアショックがあった頃の2006年から株取引を始めました。

当時はインターネットの普及により個人投資家が増え、「デイトレード」等のワードが注目を浴びた頃でした。 

私は取ったばかりのAFP資格と証券外務員の資格に加え、5~6冊の株に関する本の知識を基に、ネット証券で株取引を始めました。

デイトレード・原資はそれまでの人生で貯めた100万円

私は、テレビやネットで目にする、株で稼いでいる人を自分に当てはめ、「私も株取引で稼いでいこう!」という期待を胸に、株取引を始めたのです。

100万円を基に稼いでいくには、デイトレードしかありません。よって選択したトレードスタイルはデイトレードでした。

デイトレードを始めた私は、本のアドバイスに従い、トレード結果をブログに書いていました。
ブログに書くことによって、一日を振り返り、日々トレードを研究しているつもりでいました。

でも私のトレードは、同じパターンからなかなか変わることができませんでした。

デイトレード初心者(私)の負けパターン ■いくつか選んだ株をちょろっと調べ、大した考察もしない
■板を見て、なんとなくここだと思った値に指値で買いを入れる
■約定されたら値動きをみてハラハラドキドキ
(予想の値動きなんて頭から飛んでる)
■値が上がると、もう下がるんじゃないかと早々に売りを入れる
■下がれば、「戻すかもしれない」となかなか損切りできずに損失を膨らます
■損失が出た後に、値を戻したりしてさらにガックリくる

デイトレードの失敗ぶりが本に取り上げられた

勉強不足や経験不足はもちろんなんですが、何度やっても心を冷静に保ちトレードすることができませんでした。

迷った挙句、私には向いていないなと判断してデイトレードを辞めました。

その後残った資産で上京し、就職し、結婚して今に至ります。

実は、当時のがっくりきているブログの記事が出版社の方の目にとまり、記事を書くことになりました。

現在、「デイトレのリアル」という本の中で、負けトレーダーの一人として載っています^^

内容は、デイトレで痛い目を見た人を紹介している本です。

デイトレードで売らなかった株→長期投資へ

現在、取引を中・長期投資に切り替え、FP資格者らしく、資産運用として株取引を行っています。

デイトレードを辞めた時、1銘柄だけ売らずに保有することにした「光栄」という銘柄のゲームメーカーの株がありました。

この株は、当時の幼い知識を使って自分なりに考察して、良い銘柄だと思って買った株だったからです。

この株はその後1/3以下にまで下がりましたが、

現在現在含み益が+364,176円(2020.9.1現在)になっています。

私にとって、とても思い入れのある銘柄ですので、別記事で紹介しています。

 ↓ 

www.mrs-solitude.com

デイトレードから長期投資へ 本格的に中・長期投資

本格的に中・長期投資のスタイルで株取引を再開したのは、一人目の子育てが落ち着いた2013年頃でした。

働いて貯めたお金の半分を証券口座に入れ、長期保有する目的で株取引を始めました。

f:id:life-is-distress-or-beautiful:20200901115320j:plain

確定利益+703,131円
保有株の含み益+1,448,071円2020.9.1現在)
今までの配当金合計+433,956円(税引き後)

※郵便局受取「配当金領収書方式」で受け取っていた配当は含んでません
※現在はすべて証券口座受取「株式比例配分方式」にしています

デイトレードから長期投資へ 投資結果の分析

プラスを実現できた理由の半分は、正直、アベノミクスにうまく乗れたことだと思います。

残りの半分は中~長期の持ち味である、良い企業に投資してリターンを得るという基本を押さえたということに尽きます。

長期投資が私に合っている理由

〇良いと思った銘柄に対し、時間をかけて考察できる

〇同じ業種の他の銘柄についても、十分調べる時間ができる

〇慌てて買ったり、狼狽売りする必要がない

〇じっくり考えて購入しているので、どっしり構えていられる


私、一生懸命貯めたお金を、

賭け事みたいに瞬間で判断して、

動かすことができないんですー!

めざすのは、投資の神様ウォーレン・バフェットさんです^^

最後に おかねについて考える

FP2級の勉強をしていた時、すごく印象深い話がありました。

学校では、国語や算数、家庭科などの勉強を教えますが、

一生付き合っていくはずのお金については教えてくれないんです。

他国はどうか知りませんが、これって低所得者と高所得者を分ける一因じゃないかと思いませんか?

私は時期が来たら、子供にお金についての勉強をさせたいと思っています。

なので、若い方にも是非投資について勉強して、お金の勉強をしてほしいと思っています。

 

世の中にはFXや信用取引で大儲けしている人もいると思います。そんな話があふれかえっていて、事実いらっしゃるのも理解しています。

でも私は、自分にあった方法で、日々勉強をしつつ資産運用していきたいと思っています。

投資は本で勉強しただけでは、なかなか理解できません。
やはり失敗も大きな学びなのです。

今の時代、銀行の大口定期預金でさえ、ほとんど金利がつきません。
ご自身に合った投資方法を見つけ、しっかり資産運用をしていきましょう!

この記事を読んで頂きありがうございました。

 

 
/***Topへもどる***/