思い立ったが吉日

仕事×育児×人生 あきらめないゾー

ワーママって孤独だとは知らなかった

子育て 仕事 孤独

仕事をしながらの子育てが、こんなに孤独だとは思いませんでした。
※この記事は3分で読めます。

 

ワーママって孤独な生き物

私の仕事は小規模企業の管理職です。
スタッフは全員アルバイトで、その管理と事務をしています。

小さな会社の管理職はなかなか休めません。
子供が熱を出した時など、非常に休みづらい環境なので、発熱当日はほとんど夫に休みをとってもらっていました。

私の仕事のせいで、夫の仕事に影響が出るのではと、毎回思い悩みました。
そして毎回夫に借りを作っている感覚がとても息苦しく、辛かったです。

熱が2日以上続くときは私も休みます。それも会社の上司に何度も詫びて、休ませてもらうのです。上司は決して理解のあるタイプではありません。

保育園1年目は1カ月に1度のペースで熱を出していたので、熱が続くことにより休み希望を伝えると、「また?」ととても嫌な顔をされました。

すると休みづらいので、無理をして保育園へ通わせるため、結果子供は肺炎になり入院しました。

育児と仕事の間でこんなに辛い思いをするなんて、思っても見ませんでした。

全部私のせいです。

子供を犠牲にしても、私は仕事の成果は得られず、最終的には責任を全うできないことを理由に、減給となりました。

会社でも孤独、家でも孤独、子供が小さい内は本当に辛かったです。

ワーママの孤独な毎日

日々フルタイムで仕事して、保育園へ子供を迎えに行き、小学校から帰った子供の宿題を見て、風呂!ごはん!歯磨き!本読み!寝る!で一日終わります。

一日の中で、家族以外の人と話すのは、保育園の先生くらいです。


土日は1週間分の買い物、子供の習い事、食事の準備で終わります。

ママ友って何?

ママ友と呼べる方はいません。挨拶を交わし、子供同士が遊べば少し話す程度です。
現在小学生のお兄ちゃんが保育園の時、役員になりました。
その時頑張ってママ友交流をしてみましたが、結果とても疲れました。

「これって子供の自慢のように捉えられちゃうんじゃないか…」

「どんなお仕事をしてるかはマウントになっちゃうかもしれない…」

とか考えていると、いったい何の話をしたら良いのか分かりません。


そして自分の子供と比べられたり、自分も比べちゃったり、精神衛生上も私には良くないなと思うようになりました。

一歩距離を開けた付き合いが一番だと悟りました。

ワーママの孤独→悩みを相談できる相手がいない

でもそうするとやっぱり孤独なんです。
子育ての悩みを相談する人は、自分の心か、ネットか、夫です。
この夫っていうのは気軽に相談できる相手ではありません。
子育てとなると意見が衝突することもあるので、余計に悩むことになることもあります。

私の親は、会えば、
「今が一番幸せなんだよ~大変なんだけど。」と言います。
分かるんですが、ちょっとモヤっとします。
それじゃあ、これからはどんどん幸せじゃなくなるの?と…

そりゃあ今はママ一番って言ってくれます。

そしていつかは巣立って行ってしまうということなんでしょう。

子育てを幸せだと感じるときももちろんあります。
でも、生きがいとまでは呼べないのが実感です。

 

「好きな仕事をしてます」という方がとても羨ましく感じます。
自分の仕事は嫌いではないですけど、達成感がある仕事でもありません。続けているのは、やりがいというより、安定した収入の為です。
今まで何度も仕事を辞めようと思いました。

■子供が病気になったとき
■子供が「ママがいいよー」と泣いて保育園に行きたがらないと
■子供に自由な夏休みを与えてあげられないとき
■日々家事と仕事に追われクタクタで子供に優しくできないとき
■平日に習い事ができないので、土日が習い事になるしんどさを考えたとき

でもこれも子供の将来の為と思い、仕事をし続けています。

ワーママの孤独を楽しもう!

ワーママになって8年、自分の人生を生きてる感じがしない日々でした。

唯一の楽しみは昼休憩の時の読書でしたが、何を読んでも実際に行動に起こそうとしたことはありませんでした。

もしやりたいことを見つけても、仕事や子育て、家事で時間が取れず、やりたいこと自体がストレスになってしまうと思ったのです。

それが今やっと、孤独を楽しみ始めました。それはブログをはじめたおかげです。

自分の人生を生きている感じがしています。

 

夫には言っていません。

夫に言ってしまうと、きっとどういう目で見られるか意識するようになり、結局楽しいものではなくなってしまうと思ったからです。

このブログを通して、私の発信が誰かの助けとなる日が来れば良いなと思っています。

 

/***Topへもどる***/